旭川郊外で見つけたパノラマデッカー廃バス旭22あ990元旭川電気軌道

皆さん、こんにちはd(@^∇゜)/
北海道旭川買物公園通沿いの『社交ダンスのシモンダンススペース』です(●´ー`●)


先日、旭川市郊外で、高級っぽい廃バスを見つけましたw(゜o゜)w






310407_01 001.JPG
Traveling Honor Room と書いてありますね。
道内の観光バス事業者の持ち物だったのでしょうか。

Honor Room は、直訳すると『名誉ルーム』ですが、ホテル業界では『特別スイート』をこのように呼称しているようです。

意訳すると『旅行できる特別スイート』と言ったところでしょうか。

さぞかし、この車内の客室は豪華な仕上がりだったのでしょう。

310407_01 002.JPG
フロントには、シャーシのメーカーのロゴが付いていませんね。

ボディは、富士重工13P改造扱いらしいですが、シャーシはどこのメーカーだったのでしょう。
カーブドガラスにR1(富士重工のフロントの顔の形の名称らしい)のような大型メッキバンパー顔など、特徴的な車です。

310407_01 003.JPG


310407_01 004.JPG
もし、三菱ふそうであれば、MS513R or Ms513P or Ms615Sのいずれかの可能性が高いとのことですが、エンジン配置の関係で?右横リアには金網があるそうです。
このバスには、その部分に金網がないため、上記3車種の三菱ふそうの線は却下!!

310407_01 005.JPG

この時代、このボディでは、三菱ふそうの他に、いすゞ、日野、UD(日産ディーゼル)と、計4社のシャーシがあったそうですが。

日野であれば、RV561Pの可能性があるそうです。

そんな中、一番可能性が高そうなのが、どうやら日産ディーゼル(UD)のようです⇒その意見が単純に多かっただけなのですが・・・

UDのK-RA51のシャーシの可能性が大きいとのこと。

製造年としては、おそらく1978~1980頃ではないか、との話です。









ちなみに、この手のサロンバス的な、パノラマデッカーは、中央観光とか、KMというバス事業者に多く在籍していたらしいですが、そこからの払い下げの可能性もあるかも知れませんね・・・

追伸.
この記事をアップしましたら、別のSNSからコメントがありまして・・・

元旭川電気軌道の旭22あ990、三菱B907Sです。中古で導入された、中扉に車椅子リフトを装備したサロンカーです。89年までには除籍され、自家用で使われていたようですね。
中央交通の中古と記憶しますが…大阪中央観光バスかも知れません。

との事でした。この記事の写真で、ナンバーまで言い当てるとは!!
コメント頂いた方々、ありがとうございました(●´ー`●)

ちなみに、B9系、このB907Sに搭載のV8エンジン(8DC6)は、300馬力あり、1967~1977年まで製造されておりました。



過去の目次記事もご覧くださいませ↓





この記事へのコメント