富良野国道沿い廃バスにコメントで色々教えて頂きました

先日の記事↓

を見て頂いた方から、コメントがありまして、

廃バス富良野記事.PNG

以下、コメントです↓

まだあったんですね”652”号。もうかれこれ20年以上になりますかね、この位置で。確かに保存状態はいいほうですよね。ところでこの652号車の2,3情報を。実はこの車両共栄所属です。側面にナンバーが記されているのは基本共栄の所属車なんです、元は。この”元は”がみそでして、昭和57年4月改正(だと思いますが)で負担均衡を図りそれまで共栄担当だった3番、4番、8番、26番、27番の担当がより近い春光に鞍替えになりました。そのため春光に共栄車が移籍したのです。ですから側面にナンバーの付いた車輌が春光にもいたことはいたのですが・・・。(ちなみにこの当時は
当然行先方向幕は今のように電光掲示ではなく幕のためこれらの移籍車はひたすらこの移籍路線ばかり走り、5番や6番、12番などもともとの春光の路線を走ることはありませんで、完全に融合した感じではありませんでした。これら移籍車が春光管内を走るには行先方向幕を新調する必要があったためです。・・・すみません余談です)だからもしかするとこの時春光に移籍した可能性はあり〝元は”共栄となるわけですが652号車は当時この移籍路線を走っていなく春光に移籍したという記憶はありません。(あくまでも記憶でして間違っていたらごめんなさい)ちなみにこの652号車昭和54年製です。(側面のナンバリング車輌はバスグラフィックVOl、9でたくさんお目にかかれます)
 道北の5Eは初めて拝見いたしました。こちらはちょっと痛々しいですね。昭和57年製ですと電気軌道では旭22あ930あたりですね。3Eからこの5Eにモデルチェンジした時はほんとこのヨーロピアン調のフロント驚いたものでした。よく乗りました。ちなみに中央バスの教習車で北海道で唯一この5E、生き残っています。去年私もカメラにおさめてました。教習車なので白ナンバーですが、あの赤白のストライプ模様そのままに現役時代そのままです。旭川にもたまに現れるみたいですよ。この車両とていつまで現役でいられるか保障されません。早めにおさえておきたいところですが、いかんせん神出鬼没。(中央バスにメールで問い合わせたら今日はどこの車庫に行きますとか丁寧に教えてくれますよ。)

とりとめのない文章で申し訳ありません。また昭和バス好きサンのブログ楽しみにしています。



元、春光営業所ではなく、共栄営業所の所属だったのですね。その後、春光に移籍したかどうかは、結局謎にしておきましょう(*´ω`)
昭和54年製と言うことも、このコメントで分かりました。

SORAさん、情報ありがとうございます(^_-)-☆








他の過去記事の目次リンクもご覧くださいませ↓


この記事へのコメント