廃バス富士重工ボディ道北バスin東旭川桜岡





先日、某イベントでお知り合いにお会いしたら・・・


お知り合い「桜岡の廃バス、もう見に行きましたか?」
僕「え?そのバスは知りませんでした!教えてください!」


そんな訳で・・・


教えて頂いた場所、見に行きましたよლ(╹◡╹ლ) 


IMG_3153.JPG


道北バスの旧塗装、『ぶたっぱな』の富士重工3Eボディです。
旧友によると、シャーシは日産ディーゼルとのこと。

旧友に何故、シャーシが日産ディーゼルと分かるか聞きましたら、この頃の道北バスで富士重工の3Eボディは、日産ディーゼルにしか載せてなかったようです。



同じ『ぶたっぱな』の富士重工3Eボディを載せた、三菱ふそう・いすゞも、存在するのですが、道北バスには導入されていなかったとのこと。

ちなみに、日野自動車のシャーシにも、富士重工3Eボディを載せてるタイプもあるのですが、ライトべゼルは、日野自動車独特の形にされていて、『ぶたっぱな』ではないようです。


IMG_3154.JPG

運転席側の斜め前から

フロントタイヤハウスの後ろに、サイドウィンカーがないため、かなり古い車体とのこと。
昭和55年前期より以前なのでしょう。


で、拡大してみます。


IMG_3237.JPG

日産ディーゼルのヘッドエンブレムの跡がクッキリと残っていますね。

追記

たびたび登場している、バスに詳しい方によりますと、この富士重工の路線バス専用13E(通称3E)ボディは、1972年~1982年(昭和47年~昭和57年)の製造で、今回の記事の3Eボディは、方向幕(行先表示)の窓が小さいことと、前面ガラスが左右とも、エッジゴムの補給入りになっていることから、1976年(昭和51年)以前の製造と推定されるようです。



さて、同じ顔の日産ディーゼル富士重工3Eボディと思われる廃バスは、過去記事にも登場しています↓

そして、東旭川の地区では、この廃バスは2台目の発見です↓
東旭川で発見の1台目の記事は↓
廃バスを撮影し終わると、近くの踏切をJR北海道の気道車『キハ40』が走ってきました。
ほどなく、すぐの駅『桜岡駅』に停車。
これも写真撮ろう!と思って、ホームを見たら・・・


上下線のキハ40が同時停車していました (๑´∀`๑) 

IMG_3155.JPG

追伸

chp8_IMG_5471中.jpg





chp8_IMG_5473中.jpg
2020年(令和2年)に入り、正月の間に、この廃バスの後ろからを望遠で撮ってみました。


他の過去記事の目次リンクもご覧くださいませ↓



下のボタンに『ポチっと』お願いします↓





この記事へのコメント