旭川電気軌道バス20-11新型日野ブルーリボンⅡ

旭川電気軌道復刻塗装の1台を見かけました。



日野2011.JPG

旭川230う20-11

2015年式、車種:日野ブルーリボンⅡ、型式:QKG-KV234N3、ボディ架装:J-Bus、

前グライド中引戸、逆T字窓(上部引き違い窓)、A.BuS塗装、ノンステップ車、

所属:旭川電気軌道共栄営業所



昨年導入された、新型ブルーリボンⅡですね(*´ω`)

年をまたいでいますが、一昨年に導入された、旭川電気軌道旧赤白復刻塗装、

共栄事業所所属の『旭川230あ20-05』と同じ車種、同じ型式です。


ちなみに、旭川電気軌道の車番『20-00』から『20-12』までのうち、

日野ブルーリボンⅡは二台のみ(20-00は、道北地方初導入のいすゞエルガ、

20-01~20-04、20-06~20-10、20-12は、新型エアロスター)となっています。



youtube動画↓



僕には、当初、新型三菱エアロスターと新型日野ブルーリボンⅡが、

同じヘッドランプ角型2灯で似ているため、区別がつきませんでしたが、

今までのエアロスター同様、フロンドガラスのドア側の下側が広く取られ、

運転席の窓も下側が斜め三角に広く視界を確保されているのが、

ブルーリボンとの明確な違いということが分かりました(*´ω`)




下のボタンに『ポチっと』お願いします↓






この記事へのコメント