国道12号線の旭川春志内を走り抜ける中央バス

皆さん、こんにちはd(@^∇゜)/







札幌に行く途中、パーキングで休憩してましたら・・・



IMG_1793.jpg



中央バスが走ってきたので、動画撮影\(^o^)/







旭川200か・519

2002年式、車種:日野レインボー、型式:KK-RJ1JJHK改、ボディ架装:日野車体、

前折戸中引戸、黒・逆T字窓(下部引き違い窓)、ワンステップ車。



ちなみに、この春志内と言う場所、旭川の街はずれの台場と、

リンゴで有名な神居古潭の中間にありまして、石狩川の流れも激しい場所です。

今は、石狩川の河面よりもかなり高いところに道路が通っていますが、その昔は、

かなり、河面に近い高さの路面だったのです。

川が氾濫した時は、自動車も流されたことがあったとかなかったとか・・・








そんな旧道が、実は人知れず残っているのですね(*´ω`)
まず、平成生まれの人は、そんな道があったことも、昔を知っている人ですら、旧道が残っていることを知りません。


IMG_4283.JPG

バスが走り抜けた場所より、神居古潭寄り、対向車線側(河川側)に頭首工。

撮影方向は、旭川方面。

この柵より向こう・頭首工の階段下も、かつての国道12号線でした。

IMG_4284.JPG

ほぼ、舗装は剥がされていますね。


IMG_4285.JPG

神居古潭・札幌方面に方向を変えます。ここから舗装路面が残っています。


IMG_4286.JPG
IMG_4287.JPG
IMG_4288.JPG
IMG_4289.JPG

石狩川に流れる小川(河川名不明)を渡る、旧国道12号線の橋。


IMG_4291.JPG

薄っすらとセンターラインが残っていますね。


IMG_4292.JPG
IMG_4293.JPG

道路標識もそのまま残っていますね。








余談ですが・・・

この標識のある上あたりには、現在の、旭川に向かう方向の車線の

国道12号線の、開発局のパーキングがございまして・・・

気分よく車を飛ばしていると、たまにパーキングに腰を据えている、

パンダの柄の車の優しいお兄さんが、「こっちこっち」って呼んでくれたりします(笑)

お兄さんからお誘いを受けた方は、もれなく青い紙か、赤い紙をもらえちゃいますので、

お気をつけてლ(ʘ▽ʘ)ლ


IMG_4294.JPG

左上に、今の道路が見えてきました。


IMG_4297.JPG

舗装路面はここれ終わり、その向こうからは舗装がはがされています。


IMG_4299.JPG

この上の橋っぽいのが、現在の国道12号線。

IMG_4300.JPG

ここから向こうは、丁度、新旧クロスしていて、かつての道は消滅。


どうでした?なかなか見られない光景でしょ? |ωΦ)


で、国土地理院のサイトからの、かつてのこの場所の航空写真をば・・・

春志内 南 CHO7727-C11-46.jpg


拡大↓

春志内 南trim CHO7727-C11-46.jpg

昭和52年ぐらいの航空写真だったかな?

かなり河川ギリギリに国道が走っていたのが分かります。



春志内 旧、旧国道 徒歩.jpg

これが、その旧道を歩いてみた時の、今のグーグルマップ。

赤い部分が、実際に歩けた場所で、その下の水色の点線が、今の国道12号線。


ここで、GWの桜が咲いてる写真を追記↓

310507_02 009.JPG


上記掲載の廃道、橋の手前から対岸をパシャリと!!(R01.05.06撮影)
廃道側の木の枝で見えづらいですが、左下に『旭川サイクリングロード』の看板、その上にチラッと『桜の木』、右上に『コブシの木』。

※現在、線路側のサイクリングロードは、旧神居古潭駅舎~伊納駅辺りまで、土砂崩れのため通行禁止。頭首工横から台場付近まで、旧国道を利用したサイクリングロードを走ることが出来ます。)



さて、神居古潭トンネルを越し、道道57号線に分岐するT字路で、

先ほどの空知中央バス『旭川発深川市立病院行き』日野レインボーが、

納内方面に右折待ちでした。


IMG_1752.JPG

その日の友人の情報によりますと、深川市立病院に到着後、

このバス『旭川200か・519』は、深川市内曙団地で見かけたそうです(*´ω`)



春志内の旧国道(廃道)関連記事↓

この記事へのコメント